特攻隊員の遺書「南海の空より姉上様へ」

0:gacchansan2018/06/20(水) 18:59:04 ID:59937323

通常攻撃での生還が不可能となった戦争末期の大日本帝国海軍 航空隊は、十死零生の体当たりをもって、直援機 電探誘導・電探連動射撃・電波近接信管等の最新戦術で固められたアメリカ合衆国海軍 空母機動部隊の防空輪形陣 突破を図った。「生きて帰るつもりの敵は追い払えるが、最初から死ぬ気で来る奴の突入は防げない」~パレスチナ紛争従事のイスラエル陸軍指揮官~特攻隊員生存者・田形竹尾氏の証言「一将軍一指揮官の命令によって、特攻を4000名もの人が、しかも長期間やることは絶対不可能。本当に反対だったら『何を言うか、お前達も行け』となりますから軍隊でも暴動が起きる。」映画「ラストサムライ」を見た、フィリピン人 ダニエル・H・ディソン氏の新聞投稿「何故、彼らを『ラストサムライ』と言うのか、本当のラスト・サムライは1944年にいたのだ。彼らは「カミカゼ」と云う。私は、誰かが彼らについての『ラスト・トゥルー・サムライ』という映画を作ってくれることを望む。」アンドレ・マルロー・元フランス文化相「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、その代わりに何物にも換え難いものを得た。それは、世界のどんな国も真似のできない特別攻撃隊である。スターリン主義者にせよ、ナチ党員にせよ、結局は権力を手に入れる為の行動だった。日本の特別攻撃隊員は、ファナティックだったろうか。断じて違う。彼等には、権力欲や名誉欲など、欠片もなかった。祖国を憂える尊い情熱があるだけだった。代償を求めない純粋な行為、そこには真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナティズムとは根本的に異質である。人間は、何時でも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ」神風特別攻撃隊の言霊1 sm1955172神風特別攻撃隊の言霊2 sm1954935全投稿動画 mylist/58493351天才・栃林秀+その他の戦争動画/映画 mylist/58570412

動画閲覧ページへ飛びます
0:03:名無し2019/01/21(月) 16:16:02 ID:APwRe9bC_FghEDr1tOuIzrDHmak
鹿児島の知覧 行って大学生の特攻前の手紙読んだら泣いた;
0:23:名無し2019/01/21(月) 16:21:21 ID:APwRe9bC_FghEDr1tOuIzrDHmak
どうぞ知覧資料館に行ってください(´;ω;`)
1:17:名無し2018/11/03(土) 14:02:22 ID:jxkilsB-f0C19qOA5eFpBZMeOh0
追い込んだら文字通り命を捨てて噛みついてくる民族なんか恐怖の対象でしかない
1:33:名無し2019/01/21(月) 16:17:55 ID:APwRe9bC_FghEDr1tOuIzrDHmak
死ぬために勉強して、国を守った英雄
1:49:名無し2018/11/03(土) 14:02:55 ID:jxkilsB-f0C19qOA5eFpBZMeOh0
だから戦後ネチネチいびりはしても最後の一線は絶対に日本に対して超えてこない
1:55:名無し2019/01/21(月) 16:22:55 ID:APwRe9bC_FghEDr1tOuIzrDHmak
人の為、国の為、家族の為に命を賭ける 青年たちに安らかな眠りを・・
2:01:名無し2018/11/03(土) 14:03:06 ID:jxkilsB-f0C19qOA5eFpBZMeOh0
過去の英霊の皆様に感謝
2:17:名無し2019/01/21(月) 16:18:40 ID:APwRe9bC_FghEDr1tOuIzrDHmak
今の日本に、こんな英雄が何人いるだろうか・・
2:26:名無し2019/01/12(土) 04:35:57 ID:Kom46TN62dxf2EM7Cw2ut6JU8fE
日本切れたら怖いからな
2:34:名無し2019/01/21(月) 09:35:09 ID:K8ugsA1jCaMkHTVlG2NuthLwi28
勇敢な日本人の牙をGHQは教育によって引っこ抜いた
2:52:名無し2019/01/12(土) 04:36:23 ID:Kom46TN62dxf2EM7Cw2ut6JU8fE
ありがとうございます
2:58:名無し2019/01/21(月) 16:23:57 ID:APwRe9bC_FghEDr1tOuIzrDHmak
じいちゃん特攻中に、戦闘機故障して帰ってきたけどな!
4:20:名無し2018/06/21(木) 07:50:17 ID:pXHULq1dGpwl7o9cPDrLXzFZ4aA
桜花だな
4:32:名無し2019/01/14(月) 18:33:39 ID:xjc3AkFhqBpp_bYWiVmjy3VNHAc
投稿者の方、有難うございます。